2019年12月9日月曜日

洗礼者ヨハネ(日曜日のお話の要約)

待降節第二主日礼拝(紫) (2019年12月8日)
イザヤ11章1~10節 ローマ15章4~13節 マタイ3章1~12節

 自動車教習所に通い、運転免許を手にした時、無事故無違反のゴールド免許を目指す人はいても、事故を起こそうと思う人はまずいないでしょう。教習所では何のために法定速度があるのかも習いますし、安全運転の大切さも教わります。しかし運転に慣れてくると、この程度の違反なら捕まらないだろうと思うようになってしまうのです。

 話は飛躍しますが、私たちクリスチャンも似たようなところがあります。イエス様を信じ、洗礼を受けた時、適当なクリスチャンで一生過ごしてやろう、と思う人はほとんどいないと思います。特に大人になってイエス様を信じた人は、クリスチャンとしてどう生きるか、洗礼を受ける前に真剣に考えたはずです。
 しかし何年か経ってみると「そこそこ」のところで落ち着いていたりします。礼拝出席も献金も奉仕もそこそこ。大きくはみ出さなければ良いだろうと自分の中で折り合いをつける。たまに伝道説教などで情熱的なお話を聞いて「悔い改めよう」と思っても、日常の忙しさに負けて、忘れてしまうのです。

 本日の聖書箇所で、洗礼者ヨハネは「そこそこ」のユダヤ教徒たちに厳しい言葉を投げかけています。「私の宗教生活は他の人に比べてそんなに悪くない」と思っている人々に対して「お前の都合は聞いてない」「神様のお気持ちを考えたことがあるのか」と叱り飛ばしたわけです。
 民衆は厳しく叱責されることでむしろ自分達が神様から離れていたことに気づき、罪を告白し、新たに神様を信じ新たに生き直そうしました。

 しかしそこに、のちにイエス様の敵になるファリサイ派の人やサドカイ派の人々も、ヨハネから洗礼を受けようと大勢やってきたのです。これはこれはマタイによる福音書だけに書かれていて、マタイ自身がここを強調しようとしてこの一文を入れたと考えられます。
 ファリサイ派やサドカイ派の人々の多くは自分の血筋や立場、権力を利用して自分の知恵に任せて政治や宗教教育を行い、結果として神様から民衆を遠ざけてしまったのです。その行為は神様の怒りに値しました。ですからヨハネは「差し迫った神の怒りを免れると誰が教えたのか」と叫んだのです。

 実際、マタイがイエス様に付き従って旅をしていた頃、御言葉を宣べ伝えたり癒しの奇蹟を行ったりするたび、自分たちこそ正しいと自負するファリサイ派や律法学者たちはイエス様に言いがかりをつけ、嫌がらせをしました。彼らはついには自分の立場を守るため、イエス様を十字架にかける計画を立てたのです。
 そういった経緯を全て知っていたマタイは、晩年になって自分が福音書を表すことになった際、ファリサイ派やサドカイ派がヨハネに「蝮の子(つまりサタン)」と叱責されたと書かずにはいられなかったのでしょう。

 ヨハネはファリサイ派やサドカイ派をける一方で、「神様は、石ころからでも、ご自分を正しく敬う民を作ることができる」と言いました。最初の人・アダムを地のチリから作られた神様にお出来にならないことはないのです。自分自身、徴税人出身で、石ころのような存在であったと自覚するマタイはこの一文に素晴らしいメッセージを込めたのです。

 このメッセージは私たちにとって大きな救いを伝えています。血筋でも立場でもなく、どんな功績があったかでもなく、仮に社会から石ころのように価値のない、何もできない人間と思われていても、神様がその気になって招いてくだされば、神様を崇める民の一人となることができるのです。

 ここに記されているのは、傲慢で悔い改めのないものは退けられる代わりに、心から悔い改めて神様の前に跪くなら、どのような人でもここに来て洗礼を受けて救われなさい、という熱い招きなのです。



質素ですが美しい聖家族セットを聖壇の上に飾りました
ファーストクリスマス的なイメージです


2019年12月2日月曜日

エルサレム入城(日曜日のお話の要約)

待降節第一主日礼拝・聖餐式(紫) (2019年12月1日)
イザヤ2:1-5 ローマ13:11-14節 マタイ21:1-11節

 「城」というと塔のような天守閣のある建物そのものをさすイメージですが、もともとは、建物を中心に壁で囲まれた町全体のことを「城」というのだそうです。
本日の福音書はイエス様がロバに乗ってエルサレムに入られる場面です。少し前の文章などでは、イエス様がエルサレムに迎え入れられるシーンを「エルサレム入城」と表記したりしています。それはエルサレムは神殿が町の中心で、その神殿を守るように石垣があります。つまり、エルサレムは都市全体が城壁で囲まれているお城なのです。それで、「エルサレム入城」というわけで、この言葉は私にとってしっくり来ます。

 「エルサレム入城」は、弟子たちにとっても、イエス様に期待する民衆にとっても、待ちに待った出来事でしたが、エルサレムの治安を司る側にとっては迷惑な話でした。イエス様一行は勝手にパレードをして大騒ぎをしている不穏な集団とみなされました。
 しかし、この出来事は、突然何かの思いつきやノリで始まったのではありません。神様ご自身が、イエス様を神殿のあるエルサレムに迎えるためにこの日を選んで、前もって入念な準備をなさったのです。
 何よりも注目するのはイエス様が「ろばと子ろばを引いて来なさい」と命じられたところです。よく知られていることですが、この部分は旧約聖書ゼカリヤ書9章9節の実現だと言われています。「見よ、あなたの王が来る。彼は神に従い、勝利を与えられたも者。高ぶることなく、ろばに乗ってくる。」と書かれており、救い主は普通の王様のように格好の良い軍馬に乗るのではなく、柔和な姿でロバに乗ってくる、と記されているのです。

 イエス様はロバにまたがり、ホサナの歓声に迎えられてエルサレムに入城しつつ、神様のご予定が実現していく(預言の成就)事を体験し、噛み締めておられた事でしょう。
 神様がこの世をお救いになるためには、イエス様が十字架にかかって死なれることは変更できません。イエス様もご自身が十字架に架けられた後、三日ののちに復活することをご存知で、弟子達にも以前からそう告げておられました。しかし三日後に復活するからと言って、死の苦しみそのものが軽くなるわけではありません。鞭打たれ、辱めを受けた上で、最も残酷な死刑とさえ言われる十字架につかなければならないのです。
 ですからイエス様は十字架にかかる前夜、ゲツセマネの園で、できることならこの杯は受けたくない、と神様に祈られました。しかし最後には、この苦難が御心ならば、それを受けます、とおっしゃるのです。
 人々を救うために避けて通れない道を、神様があらかじめ旧約聖書で預言された通りに歩み通すことを改めて決意されたのでした。
 
 私がこの出来事の舞台となったエルサレムに行き、エルサレム城壁の周りを歩き回ったのはもう30年以上も前、まだ大学1年の時です。現在のエルサレムの街も、イエス様の時代と同じく城壁で囲まれています。この城壁は1世紀にローマによって破壊された後、長い時を経て16世紀にオスマントルコ時代に再建されたものだそうです。
 現在の城壁には市街に入る門が8つありますが、その中に誰も入ってこられないように塞がれている門が一つありました。アーチになってくぐれるはずの門は完全に閉ざされ、奇妙に思えました。この門は、ちょうど、ゲッセマネの園から目の前に見えるのです。
 あとで調べてみますと、それは閉ざされた門とか黄金の門と呼ばれている門で、イエス様がホサナの歓声に迎えられてエルサレムに入城した位置にありました。実際にイエス様が潜られた当時の門は2000年前に一旦壊されていますので、「これがその門です」と言えないのが残念なところです。

 再建されたその門がなぜ塞がれているのか調べてみますと、世の終わりの時、救い主がここを通る、と言われている門であることがわかりました。そして、それを阻止するために、イスラム教徒の人々はわざわざ城壁を復元した上で塞いでしまったのだそうです。
 世の終わりの時、再びイエス・キリストがここを通るとき、それは裁きの時であり、イエス様を信じない人々にとって滅亡の時です。それを少しでも先延ばししようと、門の入り口を埋め立てたそうです。それを知った時、私は「イエス様を怖がって通せん坊するくらいなら信じればいいのに」と単純に思ったものです。
 と同時に、イスラム教の人は良くも悪くも、本気で救い主イエス様の存在を信じて恐れているのだなあ、とも思いました。

 これから始める新たな年、この場所で、私たちは共に神様を礼拝し聖書と祈りを通してその御心に触れてゆきます。そして又、救い主イエス・キリストを礼拝してまいります。ここで私たちが主イエスを礼拝する時、イエス様が一人一人の心の門をくぐって入って行かれます。一人一人の心が本気でそれを喜び迎えるエルサレム入城となりますように。主に感謝を持って、クリスマスを迎える準備をしてまいりましょう。



いよいよ待降節(アドベント)に入りました
世の中はとっくにクリスマスムードですが(^^;)
教会はクリスマスの四週間前から、という
決まりを守って飾りつけます
今日は今年の礼拝堂の飾りをご紹介


今まで飾っていた小さなベルに
幼稚園から頂いた丸い飾りをくわえ
仕上げにツリーの箱の中に眠っていたリボンをくわえてみました



すっきりと素敵なクランツです

⬿

決して豪華ではありませんが
素敵なクリスマス準備が整いました
十字架の下には小さな馬小屋と聖家族
次の機会に大きめの写真を載せようと思います